>【必見】AIツールでブログを収益化させたいなら!

webデザイン学習は独学とスクールどっちがいいの?向き不向きを解説!

  • URLをコピーしました!
  • 【PR】当サイトでは、もしもアフィリエイトをはじめとした第三者配信のアフィリエイトプログラムにより商品をご紹介致しております。(Amazonアソシエイト含む)
あなた

webデザインを学ぶには独学でもいいのかな…?やっぱりスクールに通わないと難しい…?

こんな疑問をお持ちのあなたへ、この記事では独学とスクールではどちらがいいのか、向いている人・向いていない人を徹底的に解説します♪

この記事の結論

  • 知り合いにメンターがいたりある程度自分で調べて解決できる場合は独学がおすすめ
  • 分からないことを質問したいと思っていたり、ポートフォリオの添削を受けたいと思っていたりする場合はスクールがおすすめ
  • 独学とスクールどちらにもメリット・デメリットがある
  • 生活状況や就きたいお仕事を見直して、自分に合った学習方法を見つけよう

この記事を書いている私は、現在webデザインを勉強中の子持ち在宅ワーカーです。

のん氏

webデザインスクールを探しており、リサーチの過程でまとめたことをメインに執筆しています♪

できるだけお金をかけずにwebデザイナーになりたいと思っていても、独学ではスキルを身に着けられなかったら勉強にあてた時間がもったいないですよね。

反対にスクールに通うことを検討していても、スクールの勉強方法が自分に向いていなくて続けられなかったとしたら受講料が無駄になってしまいます。

独学とスクールがどんな人に向いているのかをまとめてみましたので、ぜひ最後まで読んでいただき後悔することなくwebデザイン学習を始められるようにしましょう♪

本記事の執筆者

Twitter:のん氏(@nonshinoko) JSPO公認アスレティックトレーナーについてはこちら

当サイトでは『在宅で挑戦できる副業』や私の趣味である『スキンケア・ボディメイク』について、わかりやすい解説記事を書いています。当サイトと私のプロフィールはこちら

webデザインを学ぼうと思っているけどなにから始めたらいいか分からないあなたは、1冊の本から学習を始めてみませんか?

「なるほどデザイン」は、デザインの基本が直感的に学べるので初心者さんにとってもおすすめですよ♪

記事内容がひとめでわかる目次

webデザイン学習は独学とスクールどちらがいい?一覧で確認!

独学にもスクールにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

そのため、独学とスクールでは「どちらがいい」と言い切ることはできません。

「あなたがどうやって学びたいのか」「近くにサポートしてくれる人はいるのか」などを基準に考えていく必要があります。

この章では独学とスクールそれぞれに向いている人・向いていない人をまとめてみました。

独学が向いている人独学が向いていない人
webデザインの知識が多少あり用語の意味が分かる人
分からないところは本やインターネットで調べて解決できる力や時間がある人
知り合いにwebデザイナーがいてメンターになってもらえる人
一人でも諦めずに学習を続けられる人
専門用語が難しいと感じるほど全くの初心者の人
インターネットでいちいち検索をして調べる時間が惜しいと感じる人
近くにメンターになってもらえる人がいない初心者の人
スクールが向いている人スクールが向いていない人
全くの初心者で1から学んで手に職を付けたい人
添削や転職サポートなどプロからの支援を最大限利用したい人
作業ベースだけでなく即戦力となれるような実践的なスキルを身に着けたい人
受講する期間は勉強時間をしっかり確保して取り組める人
独学で進めて分からないことがあり挫折したがwebデザイナーを諦めきれない人
一人では勉強を継続できる自信がない人
ある程度基礎知識がありバナーやサイト制作ができる人
webデザイナーの知り合いにメンターをお願いできる人
勉強時間を確保するのが難しいと思っている人とにかくお金をかけずにwebデザイナーになりたい人

スクールに向いていない人として「ある程度基礎知識がありバナーやサイト制作ができる人」をあげましたが、こういった方は実践で学びスキルアップを目指すのがおすすめです。

のん氏

そのため、スクールではなく『未経験可』の求人に応募し実際にお仕事を始めてみるのがいいですよ。

反対に、「1からwebデザインを学びスキルアップしたいが、メンターが近くにいない…」と思っているあなたにはスクールがおすすめです。

「独学でしっかり勉強して結果を出すんだ!」と強く思い続けられるなら、お金もあまりかからず自分のペースで勉強ができる独学がおすすめです。

しかし「途中でまた挫折しそうになるかもしれない…。」と不安に思っているのなら、多少お金を支払ってでもスクールに通ってプロからのサポートを受けながら学ぶのがおすすめです。

スクールに通うとどうしても独学よりお金がかかってしまいます。

ですが、たとえ金額がネックになっていたとしても「webデザイナーになりたい!」と思うのであれば、学習を継続できることこそが一番重要なポイントのため、「学費も将来のために必要な自己投資」と考えてみるといいですよ。

にっこりのん氏

スキルを身につけお仕事を始められれば、授業料は簡単にペイできると思います。コツコツ学びレベルアップしていきましょう♪

webデザインを学ぶなら独学とスクールのメリットを知ろう

次に、独学とスクールそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。

独学のメリット独学のデメリット
参考書、デザイン系のソフト、パソコンがあれば始められるためとにかくお安く学べる
完全に自分のペースで進められる
あくまでも参考書ベースで一人で取り組んでいるため、チーム課題などの実践的な学習はできない
質問できる相手がいないためつまずいたときに進めなくなる
スキル習得までの半年~1年間程度は一人で勉強し続けなければいけないから習得が難しい
スクールのメリットスクールのデメリット
実践的に学べるので就職後スムーズに仕事が始められる
添削やフィードバックを受けられるため分からなくて進めなくなることはない
現役デザイナーが講師をしている場合、最新の現場の知識が学べる
マンツーマン指導が受けられるスクールもある
就職や転職、フリーランス向けサポートが受けられる
カリキュラムが組まれているため必要な知識を効率的に学べる
平均20~60万程度の金がかかる
授業時間が決まっている場合は時間の制約がある

独学のメリットは少ないですが、とはいえとにかくお金がかからないことが最大のメリットと言えます。

ちなみに私は初期費用をとにかく押さえたい派なので、学び始めは独学でスタートさせることが多いです。

のん氏

ただそのまま一人で続けると心が折れて挫折しそうになるため、少し進めて「これは私に合っている!これからも学び続けたい!」と思ったらスクールなどで本格的に学習を始めるようにしています♪

スクールはやはり受講料が高い傾向にありますが、実践的に学べることやマンツーマン指導が受けられるなど得られるメリットがたくさんあります。

とはいえ学費が理由で独学で学習を始めたとしても、自分に合わないまま進めて挫折し勉強を続けられなかったとしたら、せっかく目指したWebデザイナーにはなれませんよね。

また、挫折したあと改めてスクールに入りなおすのであれば時間もお金ももったいないと思います。

初めからスクールに通って勉強してパパっとスキルを身に着けてお仕事を始めた方が、長い目で見るとプラスになるかもしれません。

ちなみにおすすめスクールについては下記で解説していますのでよかったらご覧ください。

独学とスクールではそれぞれメリットデメリットがありますが、自分に合った方法でなければ継続できないためどちらのやり方が自分に合っているのかが一番重要です。

あなたの環境や状況によってどちらが向いているのかは様々だと思いますので、ぜひ前章の向いている人・向いていない人の一覧表を参考になさってみてください。

webデザインは独学では難しい?おすすめの勉強法を紹介

ここまで独学やスクールのメリット・デメリットを見てきました。その中で、「自分は独学でも勉強できるかも!」と思ったあなたも、

あなた

とはいえみんな「難しい…」と言うし、webデザインを独学で習得するのはやっぱり無謀なのでは…?

と不安に思う方もいらっしゃると思います。

結論を言うと、webデザインは独学でも十分習得可能ですし「未経験可」の求人もたくさんあるため、正しい方法でスキルや知識を身に着けられていれば就職も可能です。

ただ、やはりどうしても時間がかかってしまうため、早くwebデザインスキルを習得したい場合はスクールに通うことをおすすめします。

それでは簡単にではありますが、「難しいかもしれないけれど、やっぱり私は独学で頑張るんだ!!」というあなたへ、おすすめの勉強法をお伝えしますね。

おすすめのwebデザイン独学勉強法3選
  1. 初心者向けの本や書籍などで学習する
    おすすめ書籍:なるほどデザインけっきょくよはく
           1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座
           ノンデザイナーズデザインブック など
  2. 無料のオンライン学習サービスを利用する
    おすすめサービス:Progate、ドットインストール など
  3. 時間を決めて毎日インプット&アウトプットをする
    私の実践例:朝起きてから30分は必ず勉強し、学びをノートにアウトプットする

上記の通りですが、まずは覚えて、とにかく手を動かすことが大切です。

あとはある程度慣れてきたら、実際のお店のチラシを真似して制作してみるのもいいでしょう。

「同じように作成してみてもうまく作れない…」といったことも出てくると思いますが、その時は「のびしろだ!」と切り替えてまたコツコツ進めていけばいずれスキルをマスターできると思います。

独学では途中で辞めずにコツコツ続けていくことが重要です。

にっこりのん氏

何事も継続できなければスキルを身に着けることはできませんよね。だからこそ難しいと言われているのだと思います。諦めずに一緒に頑張りましょう!

ちなみに初心者におすすめの参考書をまとめた記事や、勉強中に挫折しそうになってしまったときの対処法を解説した記事もアップしています。

特に対処法の記事は、独学で勉強することが不安なら学習を始める前に読んでいただくと「どうすればいいのか」が分かるため、挫折しにくくなると思いますよ。参考になれば幸いです♪

まとめ

  • 独学に向いているのは、インターネットで分からないところを調べられる人やwebデザイナーの知り合いにメンターになってもらえる人
  • 独学に向いていないのは、webデザインの専門用語が難しいと感じるほどの初心者の人や、分からないことをインターネットで調べる時間が惜しいと感じる人
  • スクールに向いている人は、全くの初心者で1から学んで手に職を付けたい人や添削などプロからの手厚い支援を受けたいと思っている人
  • スクールに向いていない人は知り合いにwebデザイナーのメンターがいる人やお金をかけずにwebデザイナーになりたいと思っている人
  • 独学のメリットはとにかくお金がかからないことなど2つ、デメリットはチーム課題ができないこと・質問できないためつまずくと進めなくなることなど3つある
  • スクールのメリットは個別指導で添削やフィードバックが受けられること、転職サポートがあることなど6つ、デメリットは費用が高いことなど2つある

webデザインを学んで手に職を付けたいと思っているなら、独学とスクールどちらの場合でも自分に合った方法で学習をすすめるのが一番の近道です。

この記事でwebデザイナーを目指しているあなたにぴったりの学習方法が見つかれば嬉しいです。

独学で何から学べばいいか分からないあなたは、1冊本を買って学習の雰囲気を掴んでみましょう。

「なるほどデザイン」というこちらの本は直感的に分かるよう工夫がされていて初心者におすすめの1冊です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

記事内容がひとめでわかる目次